2017年6月27日火曜日

ほうっておけない! 大磯町立中学校給食の食べ残し(-"-)

 昨日、7月末に発行する議会だよりの一般質問に添える中学校給食の写真を撮りに、中学校に行きました。メニューは「ごはん・ジョア・あじフライ・ツナとキャベツの煮びたし・根菜(里芋とレンコン)の土佐煮」です。このメニューなら残りは少ないと思いながら出かけました。
 校長と一緒にあるクラスにいって、「おじゃましますね!今日のランチはおいしいですか?」と大きな声をかけると、生徒たちは「・・・・」。そのうち元気な男子生徒が「弁当持ってきていいようにしてください!」と話すと、うなづく生徒がかなりいて笑い声が広がりました。
 昼食時間は20分間。そのあと保管室にご飯とおかずのランチボックスが入った保管箱が戻ってきます。おかずのボックスをいくつか開けて、どのくらい食べ残しがあるか見せていただきました。
 最初の箱には休みの生徒の分かと思うほどで、アジフライが一切れなくなっていただけ。驚いて次の箱を開けると、6割が残っている状態です。5、6個開けてみました。完食は1個だけ。教育委員会で調べた時の残食率は21.5%。大磯中学校PTAの「スクールランチを考える会」の残食率(おかず)は高い時で76%。昨日の残食率は半分以上あると、感触を得ました。
 改善に向けて「懇話会」が6月12日にスタート、現在アンケートの内容を協議・調整中だそうです。次回は10月!傍聴に行きます。すぐできるところから手を打たないと・・・と改めて思いました。また様子を見に行きます。できたら試食もしてみます。

2017年6月21日水曜日

つい重ね合わせてしまう 加計問題と大磯町

 加計文書の「ない」vs.「あった」、「怪文書」vs.「本物」騒動の報道を読むにつけ、つい重ね合わせてしまうのがわが町、大磯町です。
 加計文書の件で、参議院の委員会答弁で義家文科省副大臣が「文書のリークは国家公務員法違反に当たる可能性」を示唆しました。前川前事務次官が「行政が歪められた」と問題にしています。私は「ルール違反を強要された」と受け止めています。
 6月議会の一般質問で、職員の残業代未払いの額が試算によると100万円以上の職員が2ケタいると発言しました。誰から情報提供があるか、理事者は気になっていると推察しますが、何も問題ありません。そもそも残業を「していない」ことにさせられているのですから。事実無根なら、私を訴えることもできるでしょう。(この頃振替休日でお休み頂いています、という職員が増えてきたと感じています。他の勤務に影響がなければ大歓迎です)
 よく「説明責任をはたせ」といいます。アカウント アビリティー(アカウンタビリティー)を訳したものですが、アカウントを辞書で引くとまず出てくるのが「口座」です。税理士の書いた本に、人から預かったお金が取引でどのように使われ、現在の残高になったか、説明して納得を得ることが信用の元、とありました。転じて「説明のできないことをしてはならない」ことにつながると考えます。ルール違反をすることは、説明のできないことをすることです。加計問題では、どうみても説明不足でとうてい納得できません。
 政治家が法令順守すべき事案を圧力によって歪めることは、公正・公平性を失わせます。一方で、官僚が政治家の目の届かないところで物事を歪めることもあります。どちらも国民にとって迷惑な話です。
 大磯町ではそのようなことが起きないように(起きていないように)願っています。

2017年6月15日木曜日

これだけ? 「大磯町職員の働き方改革の検討について」

 今日の議員全員協議会で示された「大磯町職員の働き方改革の検討について」は、1ページだけでした。1.は「実施目的」で、必要性が9行にわたり書かれています。2.は「具体的な取り組み内容」で、
すでに取り組んでいる項目または早急に取り組む項目として、(1)事務量の削減に向けた検討(2)ノー残業デーの実施徹底(毎水・金)(3)時間外勤務の事前承認・事後確認の徹底(4)庁内会議の効率化(回数・参加者・時間・資料)(5)年次有給休暇取得の推進(6)全職員の意識改革(H29年度タイムマネジメント研修)
検討項目(次年度以降予算反映が必要なものも含む)(1)事務量の削減 ①事業の廃止及び事務の簡素化・効率化の検討(事務事業の見直し) ②事務事業の見直しと連動したICT化の検討③事務の委託化 等 (2)労働時間の短縮 ①消灯時間の設定 ②出退勤時間の管理徹底 等 (3)職場環境の改善 ①ワークライフバランスの推進 ②心身の健康保持(メンタルヘルス対策)③職員アンケートの実施(年代別、階層別等)④効果的な職員研修の実施(意識改革、マネジメント向上等)
 担当部署は「今後組織体性を速やかに整え、7月から始める」としていますが、せめて工程表(私のイメージとしては町づくり条例のフロー図)がほしかった。残念ながら、町の覚悟は感じられません。4月から検討を始め、6月12日に起案・決裁したということです。
 町の退席後、扱いについて議会で諮られたので、私は「特別委員会の設置」を求めましたが、「働き方に関与すべきでない」となり、当面町の報告を受け、議会対応をしていくことになりました。
 個人の働き方に関与はできませんが、組織としての在り方、住民サービスとの関係を議会はチェックできますし、すべきと考えます。ここでも「怒」(-"-) 

怒りで涙が・・・共謀罪の強行可決

 たった今、参議院の本会議で共謀罪を賛成165、反対70で可決、成立してしまいました。反対・賛成討論を聞いていると、反対政党は「準備行為とは、対象組織は何なのかが不明。内心の自由が保障されるか憲法違反だ」と主張、賛成政党は「その懸念はない」と、真っ向から対立していると思います。

 時間がありません、今の気持ちは「法治国家の体をなさなくなる!」「国際社会から見てあきれる行為!恥ずかしい!」「これからどうしろというの?次世代に言い訳ができない!」などなど、怒りで涙がでてきます。

 それでも「諦めない」「恐れない」。無実を証明するために自分自身に監視カメラをつけるしかないのか!!怒怒怒怒怒

 

2017年6月13日火曜日

やはり起きてしまった  大磯町のマイナンバー漏えい

 29年度予算審査の中で、マイナンバーを付した事業所への特別徴収(天引き)額の通知の送付は、誤配達などが心配されるため書留にするよう求めましたが、結局普通郵便で約5000通(※当時の答弁)送付しました。
 今回判明した漏えい(3件)は誤配達によるものではなく、職員の入力ミスであったと神奈川新聞の今日の記事で知りました。事業者からの連絡で発覚したということですが、誤配達などを含めて全てのミスが連絡される保証はありません。
 マイナンバーが扱える職員は限られているため、時間的に十分なチェックが難しいと考えます。職員の長時間労働の一因は、国の制度によるものにあります。私たちは「超過負担」と呼んでいて、どのくらい業務量が増えているか調べて国に改善を求めるべきと主張していますが、町長は横並びで「全国町村会で要望している」と、消極的です。
 マイナンバーカードは本人の写真と住所・生年月日・性別(今や余計なお世話!)・ICチップが表、裏面に12ケタのマイナンバー・氏名・生年月日が書かれています。これから問題になるのが漏えいによる「なりすまし」でしょう。交付枚数は、大磯町で5月末現在3513枚・10.7%と、ほぼ全国並みで、60代、70代で52.2%だそうです。マイナンバーの「通知カード」を受け取っていない数は162通(以上、6月一般質問への答え)です。私の世帯も受け取っていませんが、今のところ咎めはありません。不自由も感じません。
 今後カードの紛失詐欺などでマイナンバーが漏れ「なりすまし」による被害はどれほどになるか、危機感でいっぱいです。おまけに共謀罪で監視カメラと写真の照合などがおきる危険性もあります。
 今回の漏えいの原因と後始末については、15日の「全協」で質問する予定です。

2017年6月12日月曜日

大磯中﨑町長 単独で自民党幹部に会うことも!?

 一般質問で大磯町のホームページに記載されている「町長の動向」について、いくつか確認の意味もこめて質問をしました。透明性の確保がされているか、町民に説明責任が果たせるのかを問う通告をしました。「動向」に書いてあるものはすべて「公務」として行ったものであるはずです。今回の一般質問は質問数が多く、90分の予定が80分になったので、詳細な質問まではたどり着けませんでした。(~_~;)
わかったことは・・・
◆「主な動向について記載しています」とあるが、ほとんど記載されている。
◆ 報告書はつくっていない。
◆ 町長の動向と密接に関係のある「公用車の運転日報」はすべて記載されている。
◆ 公用車の1号車には必ず町長が乗っている。
◆ 町長が訪問をうけて面会する時は、職員が同席しない時もある。
◆ 訪問するときには職員が同行せず、一人の時もある。
◆ 行政機関の訪問でも、一人の時がある。

透明性の確保とは程遠い実態

町長が二階幹事長と12回以上会っていること、今年度に入ってからも(旧吉田茂邸オープンの準備…の理由はなくなってから)森友・加計問題、共謀罪で忙しい国会の会期中に二階幹事長、麻生財務大臣、菅官房長官を訪問している事実があります。目的は町民に明らかにしていただかなくてはなりません。
 このことを知った方が「(加計問題で国に行った)今治市の職員のようなことはないの?」と感想をよせてくださいました。(~_~;)



2017年6月11日日曜日

大磯町立中学校給食 2学期から捕食を認めて!

 食育上(半分以上残す生徒が222人・全然食べない生徒が134人・足りない生徒もいる)、経済上(教育委員会調査の21.5%で計算しても1000円以上を捨てている。残食は産廃としてお金をかけて処分している)問題のある中学校給食で、新たなショッキングな数字があることがわかり、一般質問で問題にしました。(1日約800食)
 2016年度に設置された大磯中学校PTA特別委員会の「スクールランチを考える会」が調査した「残量」の結果です。調査日は9月15、26、27、1月24、25日。5回の調査で、おかずが39.8%から76%、ご飯は28.7%から38.1%と、教委調査と大きな差があります。6月から持たれる「懇話会」でよく議論するよう求めました。
 また、懇話会では短期で解決できる課題はすぐ実践することが大切と主張しました。まず、「食べない・食べられない」事態と「足りない」の両極端に対し、2学期からでもルールを作り対応すること。そもそもあってはならない事態です。食中毒があった場合は…は理由になりません。サンプルが保存されているので、お腹を壊した場合は原因が給食にあるかすぐわかるからです。
 中期的には改善できることを随時改善すること。ただし、10度以下に冷ますのは調理した後ランチボックスに詰める前に行うので、形が崩れる、べちょべちょになるなどの物理的な限界があることは認めなければならないと思います。
 長期的には自校方式も含め、財政等含めた情報を示して議論することを求めました。導入にあたって3年間議論した「懇話会」の結論は受け入れられませんでした。今度はそのようなことがないよう、注視していきます。