2017年5月19日金曜日

大磯町自治基本条例が泣くみなとの交流施設計画

 5月9日、閉会中に総務建設常任委員会を開き「みなとオアシス推進事業」を審査しました。オリ・パラに間に合わせる日程で強烈な進め方をしていることがわかりました。
 3億3200万円かけて大磯港の漁協施設のある敷地に、漁協施設(9900万円・補助金4000万円)と、レストランや直売所、情報提供・展示スペース、多目的スペース、案内所など(2億3300万円・補助金3500万円)をつくります。町でつくった建物は、指定管理者(町の直営より費用が少なく、サービスが良いことを条件に委託する自治法上の制度)に維持管理と運営をまかせることになっています。町民主体のまちづくりを謳う自治基本条例は単なる飾り物?内容はごく一部の関係者しか知りません。議会は報告を受けていますが、そもそも町民に知らせる役割は町にあります。
 普通、指定管理は既存の施設の維持管理を自治体が行うよりコスト削減、サービス向上ができるからと、委託(議決案件です)することが多いのですが、大磯町は「ありき」で進んでいます。年間40万人の利用を見込みますが、この数字を担保するものはありません。◇どんなレストランにするか◇何を売るのか◇売り上げ見込みは◇6次産業化で加工スペースを設けるが内容はどうするのか◇駐車場料金を取るが売り上げに影響しないか◇釣り船のお客の無料駐車スペースが減るがよいのか◇漁協と別棟にするのか◇維持管理費は指定管理者が払えるのか等、基本的なことはこれからアドバイザリー業務を入札して、業者と協議しながらすすめるというのです!!(予算額は1600万円!来年度は実施設計業務に2430万円・施工管理費に1470万円を予定)
 このやり方では「指定管理が可能な内容」になってしまい、指定管理者のための施設になってしまいます。町は指定管理者から建設費を回収する予定はないと言います。条例に謳う「町民の参画と協働」ができません!進め方が「逆」です。
 大磯町は「森友」「加計」問題を想起させるようなことをしないで!!

2017年5月14日日曜日

町民も心配していた!大磯町職員の長時間労働

 昨日(5月13日)、ふたつの会場で「議会報告会」を開催しました。平成29年度の予算審査では合計218項目の質疑がありましたが、町民生活に密着した事業や関心が高いと思われる事業を14項目抽出し、金額や内容を報告しました。報告の最後の「職員の長時間労働の改善」に、大きな反響がありました。

 「長時間労働のことは知っていた。議会がやっと問題にしてくれたかと思う。遅いくらいだが、なぜこんな状態なのかもっと掘り下げてほしい。付帯決議を出しただけではダメで、特別委員会を設置してもらいたいくらいだ。」「町の職員がこんな働き方をしていることを議会だよりで知った。中途退職者が大勢いることに驚いた。有望な職員がやめ、他の自治体で働いているのは問題だ。なぜ辞めたか聞いて、いかすべきだ。大変でも大磯町のためにがんばりたいといって働き続ける環境をつくらなければ、町が回らなくなるのではないか心配だ。管理職が役割を果たしているのかもよく調べるべきだ。」「ムダな働き方をしていないのかも調べる必要があるのでは。」など、職員の働き方への意見や要望が出されました。

 吉川議長は「議会として取り組む」ことを明言。議会はこの7月折り返し地点で、議長副議長をはじめ、構成が変わります。私はその時点で特別委員会の設置を提案することを考えています。
 

2017年5月7日日曜日

大磯中学校給食、何とかしてくれ!孫がかわいそうだ

 中学校給食の評価を高めようと教育委員会は努力をしていますが、私が情報公開で得た「大磯町中学校給食・スクールランチのこれからに向けて」の説明資料のアンケート結果は苦戦していると言わざるを得ない状況だと思います。
 昨年の7月7日と今年2月10日に行ったアンケート結果をみると、味付け、見た目はほとんど変わらず、味の濃さは「濃い」からどちらかというと「ちょうどよい」「薄い」へシフト、ごはんの量とおかずの量は少ないという回答が増えています。(特におかずの量)
 特筆すべきは「どのくらい食べるか」の設問の回答です。7月➡2月の結果は「全部食べる」97➡97、「半分以上食べる」172➡187、「半分以上残す」267➡222、「全然食べない」150➡134でした。改善はあるものの、全然食べない・・・が134人もいるなんて!!残食率21.5%もうなずけます。
 残す理由は「量が多すぎるから」59、「味付けが苦手だから」278、「苦手な食材が多いから」118、「食欲がないから」54(これも問題ですね。成長期の中学生が食欲がない?食欲をそそられないこともあるのでは?)「その他」117です。
 完食する生徒は「量はさらに必要」。理由は「運動量が多い」28、「もっと成長したい」13、「すぐ空腹になる」52、「おいしい」9となっています。
 設問は他にもありますが、「このようなデリバリー弁当を食べさせていていいのか」と、数字を見て愕然としました。
 私の「議会報告」に参加された方は、「何とかしてやってほしい。一緒に住む孫の話では、昼ごはんの時間が近づくと楽しくなくなると友達どうしで言っている。ほとんど食べていないみたいなので、心配だ。」と強い口調で話されました。
 時間を区切って「おいしい給食・小学校並みの残食率」にならなければ、違約金を払ってでも委託を中止することも考える必要があるのではないか。自校方式が実現するまでは家庭弁当と業者弁当の選択制を、と6月議会で求めていきます。

2017年5月2日火曜日

共謀罪・大逆事件と母校創始者

 昨日の東京新聞の夕刊で、母校の高校(専門学校)の創始者、西村伊作の名前に触れました。記事のタイトルは「大逆事件の教訓 今に」で、冤罪で刑死した医師「大石誠之助」の名誉回復を求め活動する市民団体が「『共謀罪』は同じ被害者を生む」と警鐘をならしているという内容です。
 明治天皇の暗殺を計画したと、検察当局は幸徳秋水、大石ら12人を死刑にした事件ですが、直接関係なかった人たちを捕らえ死刑にする蛮行が行われました。個人の立場で非戦や人権を守る大切さを訴えていただけの人が、とばっちりで逮捕され、死刑や無期懲役を一審のみで決められてしまう恐ろしさ。
 西村伊作は当時の文部省の教育を8人いた子どもたちに受けさせたくないと、自身の手で学校を創立しました。与謝野晶子、鉄幹、平塚らいてう、佐藤春夫らが教鞭をとっていて、日本で最初に男女共学を実践しました。私が大磯から御茶ノ水に通っていた時代も「高校生に校則はいらない、自分で判断しなさい」「制服なし」「週5日制」「勝ち負けを付けるのはナンセンス、体育はなし、代わりにレクリエーションの授業」「数学は答えがでて面白くないので教えない」など、自由な校風で知られていました。軍部に学校の使用を断ったために投獄されたことは教わりましたが、新聞記事で合点がいった次第です。
 西村は大石のおいにあたる人でした。記事からはどれだけの親交があったのかわかりませんが、開戦前の明治44年に処刑されていますから、西村もおそらく「命懸け」で軍に逆らったと思われます。
 今日のしんぶん「赤旗」では、戦意高揚のポスターが紹介されています。こうして、少しずつじわじわと感覚を麻痺させられる・・・冬眠中のカエルが茹で上げられるまで気が付かず死んでしまう・・・恐ろしい感覚が重なります。「共謀罪」制定は止めさせなくては。

2017年4月18日火曜日

中﨑大磯町長の公用車の使い方に「問題あり」

 前回のブログの続きです。やっと平成27年度分の「町長の動向」と「公用車の1号車・2号車の運転日報」の突合が終わりました。(28年度分はこれからです)10時間かけた結果、見えてきたのは・・・
週末・祝日も精力的に動いているが、職員に公用車を運転させるのは不適切ではないか
例1:28年元日の初日の出を見るために運転手は庁舎を午前5時50分に出て、7時30分に帰庁。その後8時45分から11時45分まで、宇賀神社、白岩神社、川勾神社、高来神社に行きました。参拝は個人で行うべきでは?大磯港では初日の出を特別に岸壁から見えるようにしました。このことは評価しますが、公用車を使ってまでして様子を見ることではないと思います。
例2:1月2日(土)9時~13時、3日(日)9時~11時も公用車で「箱根駅伝応援」!!
正月の三が日の職員のワークライフバランスをどう考えているのですか!!
例3:27年12月5日(土)湘南国際マラソン懇親パーティーのために18時から21時まで公用車を使用。その間、職員は時間を拘束されます。休日出勤、振替休日はきちんと手当されたのか・・・タクシーを使えばよいではないでしょうか・・・
公務なのかわからない
例1:27年12月1日(火)10時30分に庁舎を出発。行き先は「自民党本部」。帰りに清川村の「県立やまなみセンター」の宮ケ瀬クリスマス交流懇談会に立ち寄り、帰ったのは夜の8時30分。走行距離は172km。平日ですから、町政の執務にあたるべきと思います。
例2:12月12日(土)私塾まきばクリスマス祝会は「動向」に記載、でもそのあと海老名駅まで行っています。「動向」に記載なし。9時~16時40分、走行距離60km。
例3:12月13日(日)17時25分~20時30分大磯プリンスホテル、走行距離18km。「動向」には記載なし私事で公用車を使用したのでしょうか?職員給与もガソリン代も税金ですが!?このような例は2年分で50件は下らないでしょう。引き続きご報告します。


2017年4月8日土曜日

中﨑大磯町長 公用車で年間30回以上ホテルへ

 公用車の1号車はいわゆる「町長車」、2号車にも町長が乗ることもあります。(もちろんこれで100%ではありませんが)平成27年度と28年度の1号車・2号車の「専用自動車運転日報」を情報公開しました。町のホームページに掲載されている「町長の動向」と突合すると、町長の動きや時間の使い方がある程度見えてきます。
 およその行き先を見ると、ホテルの名前が多いのに驚きます。平成27年度は大磯プリンスホテルを始め、横浜ベイシェラトン、横浜ロイヤルパークホテル、ロイヤルホール横浜、シェラトン都ホテル東京、ヒルサイドパレス、ホテルニューグランド、東京プリンスホテル、ローズホテル横浜、ホテルおかだ、富士屋ホテル、ANAインターコンチネンタル東京、TKPガーデンシティ平河町(永田町の貸会議室・宴会場・イベント会場)、京王プラザホテルなどに町長は行かれています。
 ホテル行きが全ておかしいわけではありません。町に関係のある団体の会合がホテルであることも否定できません。でも「何のために、誰と参加し、どうなったか」は、町民に明らかにする必要があります。税金でリースしている公用車(500万円クラスの車です)、運転手は職員です。帰りの時間が夜9時、10時台があるのも気になります。
 透明性の確保のために、議会で取り上げることを考えています。そのための突合せ作業に時間がかかりそうですが・・・このことを町民に話をしたら、「気を付けてくださいよ。」と言われました。何が出てくるかわからない、ミステリーの世界に迷い込みそうな感じがしています。

怖いんです 共謀罪・銃剣道・教育勅語

 共謀罪が国民、野党の反対を押し切り、審議入り。法相が答えられないのを見越し、官僚が答弁するようにするらしい・・・とんでもありません。「治安維持法の再来」と言われるこの法案、私はひたすら怖ろしいと感じます。「歴史に学ぶ」ことを否定する人はいないでしょう。いったい戦前回帰のどこがいいのか、理解に苦しみます。内心の自由、表現の自由にまで国家が立ち入り処罰できる法案を、「一般人は対象外」と言ってのける安倍首相。法律は誰が運用しても同じであることが大前提なのに、あまりに幅がありすぎるし、一般人が対象外というなら「一般人とは」の定義を作るべきと私は考えるのです。
 「アベ政権を許さない」「原発はいらない」「年金を下げないで」など、私たちはいろいろなことを感じ、考え、言葉にし、一緒にアピールします。でも、何が「組織的犯罪集団」にあたるかわからないのですから、私たちは委縮し「見ざる・言わざる・聞かざる」状態に誘導されるのではないでしょうか。こんな窮屈な世の中、ゴメンです。暴力はいけないので、それは今の法律で処罰できます。だから、内心・表現を処罰できる怪しい「共謀罪」となるのです。小説家も、お笑い芸人もどうなるのか・・・
 先行き暗いなあ、明るくしなければと思っていたら、「銃剣道」が中学校の保健体育の武道の選択肢になったと驚愕のニュースが。4月7日のしんぶん「赤旗」記事に、元自衛官の男性から「銃剣道を中学生に教えるなんて、教育として間違っている。絶対にやめさせてほしい」「自衛隊で銃剣術を職業軍人として教育される。心臓を突く人殺しの術です」と電話があったことが紹介されています。保健体育のありかたから遠く離れています。まさか大磯町で選択はしないと思いますが、どこかで確認は必要ですね。
 同時に教育現場で「教育勅語」に触れてもよいと「閣議決定」したことも確認が必要です。お父さんのいうことは絶対!国民は天皇の赤子!学校でこんなことを教えることを望んでいられないのは、平成天皇ではないでしょうか。(こんなことをかけるのも今だから?だから怖いんです)